イギリス留学 ~語学学校授業について~

こんにちは、minです(*´▽`*)

世間はお盆休み真っただ中ですね。台風10号も心配。

こんな日はお家に引きこもるのが一番(笑)

 

さて、今日は語学学校での授業について詳しく書いていきますね(*´ω`*)

minは語学学校で一番レベルの低いA1クラスからスタートしました。

一番レベルが低いからと言っても、ABCから始めなきゃいけない!とか簡単な会話もできない!みたいな生徒は一人もいなかったです。

文法はめちゃくちゃだけど、なんとなく言っていることの意味は分かる。発音が例えば、日本なまりとか、自国のなまりが強い、みたいな程度です。

あと、これは人によって違うと思うけど、A1クラスの雰囲気はとても良かった!上のレベルに行けば行くほど、シリアスな雰囲気になる印象でした。

 

■授業の一般的な流れ

午前中はテキストに沿って、文法中心の授業。

ペアを組んで、どれが答えかとか、間違っている選択肢はどれかとか、この文法を使って文章を作るとか、エピソードを話すとか、そういう感じのペアワークが多かったです。

月曜日から金曜日までが登校日で、金曜日は授業が午前中までしかないうえ、金曜日の授業はテキスト使わないでできる内容でした。

例えば、単語、文法、発音のクイズゲーム。これをチーム対抗戦形式でやったりしました。

あと、A2クラスの時はプレゼンもやったりしました。

 

午後のクラスは会話中心の授業。

先生は午前中の先生とは違う先生がになってくれます。テキストは使わず、先生がその日のトピックスに合ったプリントを配ってくれて、それに沿って授業が進みます。

午後の授業でもペアワークが中心です。

新しいボキャブラリーや、ネイティブがよく使う言い回し、テストに出てくる以外のナチュラルな英語を学ぶことができました。

ちなみに、B1以上のクラスになると午後のクラスでケンブリッジ英検の授業を取ることもできます。

 

■宿題

これは担任の先生によってかなり違います。

minの場合は、A1クラスの時の担任の先生は本当すこーししか宿題出さなかった(笑)

けど、週末にはライティングの宿題などちょっと時間かかる系の宿題だしてた。

A2クラスの時の担任は月から木は結構がんがん宿題出してくるけど、週末は宿題無し!ってスタイルだった。

 

あと、海外の人って結構宿題忘れる率高かった気が(;^ω^)

アジア圏の人はちゃんとやってくるイメージ。まぁ、国は関係ない、その人個人によるんだろうけど。。。

 

■語学学校での友達の作り方

異国での学校生活、友達が居た方が毎日楽しいですね(*^_^*)

放課後や休日の生活も楽しくなるし。海外の友達とのコミュニケーションを取る際は、自ずと英語を使うので、英語力向上のためにもバンバン友達を作ったほうが有利です!

仲良くなるきっかけは、Instagramのアカウントの交換!

ホント最近はみんなInstagramなんだな~、とオババはしみじみと感じました(;^ω^)

Instagramを相互フォローしておけば、帰国後も気軽に相手とコミュニケーションとれるからいいと思います!

あとWhat’s appもほとんどの人が使っていました。これもインストールしといたほうがいいアプリだと思います!

 

あとは学校のソーシャルプログラムにも積極的に参加したほうが友達はできやすい!

minが通っていた学校では毎週金曜日にパブクロールというパブをはしごするイベントがあって、そこでクラス以外の友達もできました。

クラスは違っても同じ学校の生徒同士なので、休み時間にカフェテリアとか行けば顔を合わせる機会もあり、自然と色々話す環境は整っていました(*^-^*)

 

あと、minは時々パーティーを主催してました。

What’s appとかInstagramのメッセージで招待したい友達に招待メッセージを送って、友達集めてパーティーして、楽しかったな(*´▽`*)

パーティーは主催する側のほうがずっと楽しいと思います!

主催者側になると、参加者たちからも感謝されるし、顔が広がります。で、生活がさらに楽しくなるという正の連鎖♪

招待メッセージはこんな感じで作ってました。良ければ参考にしてください(*´ω`*)

↓↓↓

Dear friend

I would love to have you over for Curry Party.

If you have time please come and join the party ☺️

Date and time :
〇〇←開催日、時間

Place :
〇〇←開催場所

Notes:
・Please bring your drink and share snacks. I will cook Japanese Curry.
・Please, bring your ID (For example Passport ) because guests must present their ID at the reception.
・Please contact me when you arrive in front of the building.
・Let me know if you have any food sensitivities/dislikes.

I hope you will come to the party.

Regards
〇〇←自分の名前

スポンサーリンク