イギリス留学 ~語学学校初日~

こんにちは、minです(*^-^*)

イギリス到着後、ハイクレア城、オックスフォードを観光していよいよ今日から語学学校!!

ドキドキの初日について書いていこうと思います( *´艸`)

 

■クラス分けテスト

登校初日、事前にもらっていた案内に従って一人で学校に行き、レセプションで自分の名前と自分は新しい生徒だという旨を伝えました。

そうしたら、地下に行くように案内してもらえました。

集合時間になり、学校の責任者らしき先生がやってきて、「これからクラス分けのテストを始めまーす。インタビューもあるから名前呼ばれたら別室に来てねー。」みたいなことを英語で(←あたりまえ(笑))言ってました。

テストの内容は、筆記テストとインタビューのテスト。

筆記テストは穴埋め問題と、ライティングでした。ライティングは別紙に記載されているテーマの中から自分でテーマを選んで書きます。

インタビューテストは生徒3人に対して先生1人という構図で、先生の質問に対して回答していく、という内容です。

質問内容は結構簡単で、「出身はどこか」とか「いつロンドンに到着したか」とか「どのくらいの期間英語を勉強しているのか」とかでした。先生もゆっくり喋ってくれている様子でした。

このインタビューテストはボロボロでした(;^ω^)

今でも思い出すとこっぱずかしい気持ちになっちゃうんだけど、3人一組のグループでmin、ブラジル人、ともう一人の日本人という構成でした。

先生の質問内容は簡単なんだけどWhenとWhyを聞き間違えてしまったり、me tooの使い方を間違えてしまったり…。

もう一人の日本人に鼻で笑われる始末でした(; ・`д・´)

 

筆記テスト、インタビューテスト両方終えたら校長先生が登場して、学校の説明をしてくれました。(時間割とかwifiのパスワードとか緊急避難場所とか)

その後、何組かに分かれて係の先生が学校内を案内してくれます。カフェテリアや図書室やスタディルームもあって設備は万端でした(*´ω`*)

そんなこんなでいよいよクラス分けの発表です!!(; ・`д・´)ドキドキ

掲示板に自分の名前とレベル、クラスルームの番号が張り出されていました。minはもちろん一番下のエレメンタリークラスでした(;^ω^)hahaha

 

■クラスレベルについて

minの通っていた語学学校のクラスレベルは下記の通り全部で6つありました。

・A1/Elementary

・A2/Pre-Intermediate

・B1/Intermediate

・B2/Upper Intermediate

・C1/Advanced

・C2/Upper  Advanced

 

ちなみに、minの通っていた学校では2週間に一回テストがあり、その結果と先生の評価やクラスの空き具合によってレベルアップのチャンスがあります。

minはA1クラスから始めて、1カ月後くらいに一つレベルアップしてA2クラスに行けました(*^▽^*)

A1からB1クラスは日本人めちゃくちゃ多いです!日本人、文法が得意な人が多いし実際minが一番最初に所属していたエレメンタリークラスにいた日本人で、文法完璧じゃん!て感じでテストもいつも高得点の人が居たんだけどなかなかクラスのレベルアップができていませんでした。

これはminの勝手な推測ですが、テストの結果だけで評価されているわけではないということ!授業中での発言だったり態度、あと英語でコミュニケーションができるのか?っていうところが一番重要なんだと思います!

なので、日本人の少ないクラスに入りたい!って人は文法ももちろん大事だけど、それ以上に発音や会話のスキルを磨くといいと思います!

 

語学学校に通ってminが痛感したことは、『発音大事!!!』ってこと!

例えば英語で「3/three」と言うとき、ちゃんと言えてますか??

これ、くちをつぼめて「ス」といっても「スリー」は伝わりません!!!

きちんと舌を出してスリーのスを発音しないと伝わりません!!!!これ衝撃でした(;^ω^)

minの住んでいた寮の部屋番号がスリーを言わなきゃいけない部屋番号で、自分あての荷物届いているか確認する際や友達を寮に招待する際に寮のレセプションに自分の部屋番号を伝えるんだけど普通に「スリー」と言っても全く伝わらなかったです( ;∀;)

あまりにも伝わらないから最初、意地悪されてんのかと思ったくらい(笑)

きちんと舌を出して「3/three」を言えるようになってからはちゃんと伝わって、決して意地悪されていたわけではないということがわかりました!(笑)

 

■クラス初参加

クラス分けテスト、学校案内が終わり、いざ自分のクラスに参加します!

時間的に3限目から参加したと思います。

クラスルームの扉を開けて、先生に簡単に挨拶して席に着きました。

minの最初のクラスだったエレメンタリークラスのクラスメイトは、10人くらいだったんだけどほとんど日本人でした!(笑)

タイ人の女の子とターキッシュの女性と韓国人の女性、この3人以外はみんな日本人!

日本人少ないって聞いていたんだけどなー(;^ω^)と思いつつも、ちょっと安心。

結論から言うとエレメンタリークラスから初めることができて良かった。日常生活で使うような言葉を主に教えてもらえるし、先生の喋るスピードもゆっくりだから授業もついていきやすい(*^_^*)

授業の内容も簡単で自信喪失しなくて済む(笑)

 

基本的にテキストに従って授業が進んでいくんだけど、先生が一方的にしゃべるスタイルではなくて、ペアワークが多かったです。

例えば、リスニングの授業でリスニングの会話を聞いて答えをペアの人と考えて、発表する。

宿題も、先生に指名されて解答を発表するんだけどその前に必ずペアの人と答えをチェックしあう時間が設けられていました。

授業のやり方は先生によっても違ってくるのですが、基本的にペアワークが中心でした。

 

午前中の授業を終えてカフェテリアでランチ!最初は日本人同士で固まることが多かったなー。

でも徐々に外国人の友達も出来てきて、だんだん楽しくなってきました。毎週新しい生徒が入学してくるし、毎週月曜日は新鮮な気分でした(*^▽^*)

 

さて、初日に話を戻します。

minは午後の授業もとっていたので午後も勉強!

午前中のクラスしかとっていない人は午後は観光したり、スタディルームで自習したりしていました。

 

これが午後の授業のノートの一部( *´艸`)

洋服の呼び方とか♪内容自体は簡単だけど、イギリス英語とアメリカ英語で呼び方が違うものもあって面白かったなー。

 

こちらがA2クラスでのノートの一部。

これも内容自体はそんなに難しくはないんだけど、日本では習わない言い回しとかも学べて、何より授業全部英語で進んでいくし、ペアワークでは英語で自分の意見を相手に言わなくちゃいけないし、日本人同士だったらなんとなく分かり合えることでも、違う国の人にはちゃんと説明しなくちゃいけないこととかもあるし。日本人だったら中学生でも知っているような英語でも相手によっては知らないことだったり。

もちろん分かり合えないとストレスも感じるんだけど、自分とは違うバックグラウンドで学んできた人とコミュニケーションをとることは刺激的でした。

日本は日本人だらけだし、みんなこうだよねー、みたいなのがなんとなく分かるしね( ^^) _旦

 

初日はクラス分けのテストでヘコんでしまったけど、これから楽しいスクールライフが始まりまーす!

スポンサーリンク