宅建士法定講習の流れ、お弁当レポート。

こんにちは、minです(*´ω`*)

 

今回も不動産がらみのブログです♪

不動産関係の資格、法律の入り口としての資格として人気のある『宅建』。

 

minも宅建士の資格を持っていて、更新時期が来たので法定講習を受けることに(=゚ω゚)ノ

 

千葉県宅地建物取引業協会の法定講習に行ってきました。

法定講習の会場は千葉県不動産会館。

JR京葉線の千葉みなと駅の改札を出て、左側の出口、新港中央港方面に出ます。

昔はリトルマーメイドというパン屋さんがあったと思うのだけど、マルエツになっていました。

時の流れを感じ、ちょっとセンチメンタルな気持ちになりました(´・ω・`)

 

そのままポートタワー方面にテクテク歩き、ボルボやタリーズコーヒーが見えてきたら会場までもう少し。

こちらが千葉県不動産会館です。

3階で受講票を見せ、受付を済ませます。

ちなみに当日の持ち物は、

・受講票

・印鑑

・宅建証(持っている方)

・筆記用具

でした。

 

受付のスペースでお弁当引換券を購入することが出来ます。

お昼休みは外に出て外食してもOK(千葉県不動産会館の近くにタリーズやセブンイレブンがありました。)ですが、お弁当を食べたい人は、引換券を購入しておきましょう。

minはお昼ゆっくりしたい派なのでお弁当を買って会場内の自席で食べようと思い、お弁当引換券を購入しました。800円でした。

お昼休みに、3階の受付だったスペースで引換券を店員さんに渡せばお弁当(お茶付き)を引き渡してくれます。

 

さて、受付を済ませお弁当引換券を購入したので会場内に入ります。

席は指定されているので、そこの席番号の席に着席します。

席にはこのようにドーンとテキストや本日のスケジュール表等が置いてありました。

 

法定講習スケジュールは、

9:30 ガイダンス、挨拶

9:40 宅地建物取引士の使命と役割

10:20 紛争事例と関係法令及び実務上の留意事項

11:00 10分休憩

11:10 紛争事例と関係法令及び実務上の留意事項

12:20 50分休憩(昼食)

13:10 改正税制の主要な改正点ち紛争事例及び実務上の留意点

14:20 10分休憩

14:30 改正法令の主要な改正点と実務上の留意事項

15:30 10分休憩

15:40 改正法令の主要な改正点と実務上の留意事項

16:10 受講者参加型講義

16:25 地域の実情に合わせたテーマ

16:35 宅地建物取引士証交付、閉会

 

拘束時間は約7時間の長丁場だ―!!社会人になってからは一日誰かの講義を聴く機会なんてめったにないからね。高い受講料も払ったことだし、頑張って聞くぞー(/・ω・)/

 

午前中の講義、『宅地建物取引士の使命と役割』と『紛争事例と関係法令及び実務上の留意事項』は弁護士の方が講師でした。

さすが弁護士、声が通って長時間よくあんなに喋れる!

なんてことを思っていたらお昼休憩の時間です(∩´∀`)∩

 

会場を出て、3階の受付だったスペースで引換券を店員さんに渡します。

お弁当と缶のお茶を引き渡してくれました♪

 

会場の自席で食べます。

お弁当オープン!!!

まぁ、これと言って特に特徴のない普通のお弁当です。

お茶は温かかったけど、お弁当は温かくなかったです(´-ω-`)

味も普通でした。

わがままを言ってしまえば、寒い時期は温かいお弁当が食べたい。

そしてもっと野菜のおかず多めのかがっつり系のお弁当が良かったな(´・ω・`)

これで800円は取りすぎではなかろうか。

講師の方達は違うお弁当が用意されているのかしら、なんて考えながら一人でもそもそとお弁当を食べてました。(笑)

 

さてさて、午後の講義が開始します。

午後一の講義は『改正税制の主要な改正点ち紛争事例及び実務上の留意点』。

こちらは税理士の方が講師でした。

 

休憩をはさみ、今度は『改正法令の主要な改正点と実務上の留意事項』の講義。

こちらは不動産鑑定士の方が講師でした。

『受講者参加型講義』ってディスカッション?と一瞬不安になりましたが、これは確認テストのことでした。

確認テストと言っても、自己採点型のテストですので間違えたからと言って宅建更新できないという訳ではありませんのでご安心を。

 

講義が無事終わり、最後に『地域の実情に合わせたテーマ』という項目の話を聞きました。

そして、お待ちかねの宅地建物取引士証交付タイム!

職員の方が席に配りに来てくれます。宅地建物取引士証は受講票と引き換えです。

受講票に日付記入と押印を忘れないようにしましょう。

 

無事、宅地建物取引士証をゲットし、ようやくこの長い1日が報われました(∩´∀`)∩

 

これから宅建法定講習を受けられる方の参考になれば幸いです(*^-^*)

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク