モアナと伝説の海の感想レビュー ディズニー映画最新作!!

こんにちは、共働き主婦のminです(*´▽`*)

 

2017年3月10日公開のディズニー映画最新作、『モアナと伝説の海』を観に、舞浜のイクスピアリにやってきました~。

今日は早めに仕事を終えて、シネマイクスピアリに直行!!

いい天気♪まだ明るいのがうれしい。

 

シネマイクスピアリのチケット売り場のモニターにモアナの曲、「アイルゴー」が流れてたよん。

気分上がるわ♪

チケットも無事購入できました!

一人で行ったから、前の方の真ん中の席をとってやったわ!誰の後頭部に邪魔されないで済むぞ( `ー´)ノ(笑)

 

巷では、モアナの字幕版を上映している映画館が少ないという話だったけど、

イクスピアリでは字幕版も吹替版もどっちも公開されているよ!

さすがディズニーのおひざ元のイクスピアリ!!

minは吹替え版を観たよ。

 

さて、シネマイクスピアリ館内に入ると、、、

モアナとマウイがお出迎えしてくれてるー(*^▽^*)

ヘイヘイとプアも居るー!可愛い!

 

 あらすじ 

モアナが生まれたモトゥヌイでは、島を取り囲むサンゴ礁の外には出てはいけないという掟があり、航海が禁じられていた。だがある日、伝説で語り継がれる闇の気配が島に漂い始める。

一度は海に出ることを断念したものの、祖母に背中を押されたモアナは大好きな島と人々を救うため、航海に出る。それは、海に選ばれたモアナの使命。

かつての英雄マウイが盗んだ女神の心を返しに行く旅が始まったのだった。

悩み傷つきながらも、困難に立ち向かうモアナ。諦めてしまいそうになりながらも、仲間たちに支えられ旅は続く。

モアナは女神の心を返すことができるのか。

モトゥヌイの島の人々の運命がかかっている!!

 

はい、ここからネタバレ含むんで、注意です!!

 感想 

ディズニーらしい夢と冒険にあふれた作品で、素直に楽しめました。

マウイの声の吹替えキャストって、尾上松也さんなのね。

マウイのビジュアルから、minの頭の中ではドンドコドンのぐっさんに変換されて脳内再生されていました(笑)

尾上松也さんの声は、それくらい違和感なく、マウイ役にぴったりの声でした!

 

あと、タラおばあちゃんも最高!

モアナがサンゴ礁を超えたけど、荒波に襲われ島に戻ってきたとき、「お父さんに言うの?」というモアナに対して「まぁ、これは豚のせいにするんだね。」「母親は息子に隠し事をしてもいいのさ。」と。あんなおばあちゃんが居れば安心だよね。

死んだあとはエイとなってモアナを見守り、フォローしてくれる。なんてかっこいいおばあちゃんなんだろう。

エイのシーン、海がキラキラして綺麗だったな。

 

最近のディズニー映画って、敵が死ぬとかないよね。

今回のモアナも最後の敵か、と思われたテカーも実は心を失った女神だったし。

根っからの悪いヤツは居ないんだよ!ていうメッセージかな。

あと、女性像も所謂‘‘王子様を待つプリンセス”という感じではなくなりましたね。

モアナはプリンセスではなく‘‘島の長”だし。

時代を反映しているなー、と感じました。

 

うん、素直に楽しかったです。

エンドロールの後にタマトアのボヤキシーンがあるから、最後まで見た方がいいよ!

スポンサーリンク