逃げるは恥だが役に立つ9話感想、10話あらすじ

こんばんは、共働き主婦のminです(*^▽^*)

 

逃げ恥じ、最高だね♪

今回もみくりと津崎、二人とも可愛かった―――(*´▽`*)

 

無事、303号室に戻ってきたみくり。津崎の帰りを待つが、みくりの実家につかまり、会社でトラブル対応に追われ、なかなか家に帰れません。

会社のトラブル対応を終え、303号室に帰ってきた津崎。

「つかれたぁ」とみくりとハグします(*ノωノ)

 

もうお互い好き好きなんだけど、正式に「好き」とは言ってないし、言われてないのよね。

もどかしい状態。

 

なんなんだ、二人ともかわいすぎるぞ!!

津崎の「つかれたぁ」からのハグとか、津崎が取引先の女性社員と一緒に蕎麦屋に入るのを目撃したみくりの嫉妬シーンとか、全部かわいいーーー!!!

 

まぁ、今回で”恋人”となったわけだから。よかった、よかった♪

 

ゆりちゃんと風見の関係も進展してましたね。

ゆりちゃんの泣いている姿を隠してくれる風見さん、かっこよかったよねー(*´Д`)

あのシーンもキュンキュンしたよぉ♡

 

もうすぐ最終回だねぇ、あと2回で終わっちゃうの嫌すぎ(;´・ω・)

気になる第10話のあらすじは…

 

ようやくお互いへの本当の気持ちをぶつけ合うことができたみくりと津崎。恋人同士の甘い生活がはじまり、楽しそうなみくりに対して、初めてのことばかりに津崎はどこか緊張気味。

一方、何事にも動じない強いはずの百合の涙を目にしてから、百合のことが気にかかる風見。百合もまた、風見の意外な優しさに触れ、お互いを徐々に意識し始める。そんな頃、風見は、驚きの言葉を百合に投げかける。

一方、津崎の会社では、ついにリストラ候補者が発表された。なんと候補者の選出に、津崎の同僚の沼田が絡んでいたのだ。

 

わーい、わーい、『恋人同士の甘い生活』だって♡

むずキュンどころか、来週はキュン死にしちゃうね(;´∀`)はぁはぁ

 

にしても、津崎さんリストラされちゃうの!?

みくりにお給料払えなくなっちゃうじゃーん!!

 

津崎の職業のSEというのは、30代にリストラにあいやすいみたい!

30代になると年齢給もあがり、それなりの給与金額になります。

人件費のかかる30代後半以降のSEがリストラターゲットになりやすいんだって!!

 

~津崎平匡~

1980年11月9日生まれ。

京大卒の36歳。
IT社勤務のシステムエンジニア。

推定年収650万円

 

うーむ。まさにリストラ対象になりやすい年齢、人件費ですね。

津崎のスペックなら、再就職も難しくないと思うけど、SEの場合ブラック企業が心配よね。

ブラック企業勤めになったらみくりとの甘い生活が…(+o+)

 

残りあと2回の放送ですが、楽しみにしてます!!

次回は15分拡大で放送だからうれしいな(*´ω`*)

スポンサーリンク