砂の塔~知りすぎた隣人~感想

どうも、共働き主婦のminです(*’▽’)

今日は雨で寒かったですねー。

雨だと電車混むから今日は出勤大変だったよー( ;∀;)

 

砂の塔をTBSオンデマンドで見て楽しかったので感想書きまーす!!

 

第1話のあらすじはこんな感じ。

菅野美穂演じる高野亜紀は平凡ながらも家族仲よく暮らしてきた主婦、家族で憧れのタワーマンションに引っ越してきた。

豪華なマンションでの新しい生活に胸躍る高野一家だったが、そこに住むセレブ主婦たち独特の『タワマンルール』に、亜紀はア然としてしまう。

子供のためだと思い、必死で新しい環境になじもうとする亜紀。

ママ友たちの勧めにより、とある体操教室を見学に行くことに。そこで、かつて隣に住んでいた年下の幼馴染・生方航平に再会することとなる。
優しいコーチとして子ども達からの人気も絶大で、なおかつタワマン主婦の頂点に君臨する横山めぐみ演じるボスママ・寛子が見え見えの色目を使っている中、実は亜紀にも他人には語れない“生方との秘密”が…

そんな中、亜紀は上の階に引っ越してきたばかりだという松嶋菜々子演じる佐々木弓子と出会うのだ。

夫は海外赴任中で子供はいなく、自宅でフラワーアレンジメント教室を開いている本物のセレブ。優雅で上品な容姿にもかかわらず、全く偉ぶることのない弓子。亜紀のピンチを救ったことによってに、亜紀は弓子に心を許し、幼い娘・そらを連れて弓子の家を訪ねるようになる。

その頃、近所では連続幼児失踪事件=通称「ハーメルン事件」が起こっていた。次々と幼児が失踪していくが、誘拐犯の手がかりは見つからない。ただ一つのヒントは、失踪現場に必ず残されている一輪の花=黄色いカーネーション。黄色いカーネーションには一体、どんな意味があるのだろう…

 

失踪する幼児の母親はネグレクト、不倫などの褒められた行為じゃないことをする母親ばかり。

サスペンス要素のあるヒューマンドラマです。

第1話の最初の思わせぶりなあのシーンはミスリードなのか、それとも本当に…。なのか!!

ドキドキするストーリーながらも、ボスママ寛子のセリフには笑ってしまう(*^▽^*)

「お宅は何階なのかしら?」とママ友軍団で亜紀に詰め寄るシーンは最高でした♪

 

1回5千円のランチ会やら主婦合コンやら、嘘だろ!!というぶっ飛び設定あり(*ノωノ)

でもこういうドロドロ系の人間関係、ドラマだと楽しんで見れるよね♪

もし現実であったら逃げ出したいけど!!

 

もうすぐ子供を幼稚園に通わす予定の私の姉は「現実ではこんなん無いよー!!ゲラゲラ」と笑っておりました(*´▽`*)

そうです、これはドラマなのです。

なので、もっともっとドロドロ展開を期待しております!!( *´艸`)

ボスママ寛子さんのキャラがストーリーが進むにつれ変わるのか、最終回まであんな感じなのかも楽しみだな。

 

第1話は2016年10月21日の21:59まで以下URLから無料で見れますよ!!

http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/sunanotou/001.html

スポンサーリンク